必然的にFXで利益が出た場合

必然的にFXで利益が出た場合


必然的にFXで利益が出た場合
これからのFX(外国為替証拠金取引)取引で稼いでいくためには知っておく必要があります。
既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、初心に帰ってこちらで勉強してください。

FXというのは鉛筆一本から消しゴムまでを計上することができます。
また同じFXをしている仲間との打ち合わせ時の食事代などの経費、そしてセミナーへの参加料などといったものも必要経費として認められています。
これはかなり細かなことになりますが、FXにおきまして情報をプリントアウトした時も経費として認められます。
またプリントアウトをする時のインク代やプリント用紙代もFXにおきましては必要な経費となります。

FXの取引をしていて利益が出た場合におきましては、それは収入とみなされることから、必然的に税金が発生することとなります。
なのでいかにして税金対策をするかがFXでより利益を出すテクニックとなります。



必然的にFXで利益が出た場合ブログ:2019-09-01

昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、わたしは小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかなお子さん番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

お母さんは農家の仕事でいつも外に出ていたので、
わたしの記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
わたしは祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生のわたしが知っている漢字の読み方を、
時々わたしに聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなるとわたしに聞いた。

ある日、わたしはしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、わたしに聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、わたしに気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「わたしは、子守り奉公に行ってたからなあ~」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事をお母さんが話してくれた。

わたしはまだお子さんだったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

わたしはその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。
必然的にFXで利益が出た場合

必然的にFXで利益が出た場合

★メニュー

必然的にFXで利益が出た場合
より一層の収益を確保することが可能
FXを始めるための会社選びは非常に重要
体験ツールや資料請求などを利用
損切りが発生してしまう状況や条件は多い
情報収集と損切りのタイミングが重要
ローソク型の記号でグラフで表示
どのFX会社がどんな通貨で取引出来るのか
テクニカル分析の初歩中の初歩
FXの情報サイトや比較サイト


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)PERFECT☆FXガイド